2013年5月31日金曜日

【新卒・キャリア】社会人に向いていない人の特徴


すっかり梅雨時ですね。

結婚できない人の特徴は、よくネットやテレビで見かけますが、社会人に向いていない人の特徴 はあまり見かけたことがないので、10個挙げてみました。



  1. 周囲がやっていることがバカみたいに思える(素直さの欠如)
  2. 自分がやっていることを人に知られるのが嫌い(報告連絡相談能力の低さ)
  3. 放っておいてほしい(自信・協調性のなさ) 
  4. 誰かを尊敬したことは一度もない(共感力・同調性の弱さ)
  5. 何事も協力してやるより、一人でやったほうが質も高いし早いと思っている(他者への信頼の低さ)
  6. 誰かとわかりあえたことなどない(自己開示能力の低さ)
  7. 計画を立てない(真面目さの欠如)
  8. 変わろうとしない(成長能力の低さ)
  9. 自分はやればできる。やる気がでないだけ(努力する能力の低さ)
  10. 口には出さないが、自分には他の人にはない才能があると感じている(幼稚さ・世間知らず)


いくつか似たようなのが含まれてますけど。


過去に出会った人々(自分も含め)の中で、「社会人に向いていない」と思った人々の特徴をあげていってみました。さすがにこの特徴を全て満たしている人には会ったことないですが、近い人はいた気がします。(自分も含め)


協調性とかコミュニケーション力に起因する項が多めですね。


あくまで「社会人に向いていない」なので、自営業などの場合にはこの限りではありません。

*******後日追記 *******
コメント欄でご指摘頂きましたが、自営業も社会人ですし、この文章は不適切なので削除します。
「チームワークが必要とされる仕事をしていない人」つまり「一人っきりで仕事をしている人」のことを言いたかったわけですが、仕事をしている以上、周囲との関わりが皆無であることはあり得ませんので、やっぱりこの記事は「会社人に向いていない人の特徴」ではなくて「社会人に向いていない人の特徴」だなと思います。
むしろ7番や8番や9番は、自営業の場合には、会社勤めの人よりも致命的になる項目です。
 ******************

他にもたくさんあると思うので、これぞという特徴を思いついたらぜひ教えてください。




 【関連記事】
【新卒・キャリア】「やりたくないこと」でしか自分を語れない
【新卒・キャリア】幸せになりたいけど頑張りたくない
【無職】「刺身の上にタンポポのせる仕事」




8 件のコメント:

  1. やっかいなのは、いくつかアテハマル点を持った方が、記事にある”社会人”という枠で仕事をされていると、かなり周りはネガティブになるという事で、何度も経験した事がありました。
    ましては、ある判断を委託される立場の方がその様だと、会社や本人への不信感は大きくなります。

    返信削除
    返信
    1. >匿名さん

      これらの特徴に、程度の差はあれ「多少はあてはまる」人は多いんじゃないかと思います。しかし、たとえ該当する項目が1個だけでも、その特徴が突出している人や、いくつもの項目に当てはまるようだと、周囲の気苦労は半端じゃないですよね。

      削除
  2. あまりに根拠のない理論ですね。
    社会人に向いていないと言いますが、社会人=会社勤めの人限定ですか?
    貴方のような方が人事採用担当をしていたとはあきれます。

    返信削除
    返信
    1. >匿名さん

      はい、すみません特に根拠はないんです。

      「社会人」の定義は確かにおかしいですね。自営業も社会人ですし。なので、「社会人」という言葉が誤っているわけではなくて、以下の一文が余計でした。


      >>あくまで「社会人に向いていない」なので、自営業などの場合にはこの限りではありません。

      削除
  3. 社会人ってなんですか?

    返信削除
    返信
    1. >匿名さん

      コメントありがとうございます。
      社会人の定義には広義なもの(社会に参加していれば社会人と言える。)もあれば狭義なものもありますが、ここでは「職業人」という狭義の意味で使っています。

      でもそうなると、ニートは社会人ではないのか?主婦は社会人ではないのか?という疑問が出てきますね。うーん。

      「社会人」の定義が曖昧なままこの記事を書いてしまったことについては反省です。また今度、「社会人とは何か?」については記事を書いてみようと思います。







      削除
  4. 人事の方のブログなので、「社会人」って勤め人を指しているのかもしれませんが、自分は社会人という言葉は「自分でお金を得ないと生きていけない人間全て」を指していると考えています。つまり、この10項目に当てはまってる人は人間社会で生きられないということです。

    この項目、自分にほとんど当てはまっています。退職させられた会社でも「社会性がない」とはっきり言われました。自分でもそのことは理解できました。けれど、その先がありません。そこから先を言及している人が誰もいないし、自分でも答えを見つけられませんでした。

    自分はクビ宣告されて転職活動をしているときに、この答えの出ない壁にぶち当たって、自分は死ぬより道はないのだと思いました。まだ死んではいませんが(笑)

    人間社会に溶け込めない、人なのに人として生きられない人が、なぜこの世界に存在しているのか。役割のない人間が「働かなければ死んでしまう」人間社会に混ざって、働くことの出来る人と同じフィールドで生きなければならないのは、なぜなのでしょう?

    「こういう奴は生きてけない」というのは簡単です。では、それでも生まれてきてしまった人間はどうすればいいと思いますか?淘汰されるべきですかね。
    その先の答えがないのなら、そんなことは言うべきではないと思うんです。自分が当事者だからかもしれませんが、そんなこと忠告されたからといって、だからなんだって感じなんですよね。

    返信削除
  5. 半分くらい当てはまりますね。
    ハッキリ言って私は社会人、人間失格です。

    「仕事ができない奴は人生が間違ってると」言われたことがありますが
    その通りだと思っています。
    間違った考え方→間違った行動→間違った結果→…
    これの連続です。

    ダメなものはダメなのです。

    人生嫌で嫌で仕方ありませんが
    何かのRPG 笑 だと思って、全て受け入れ生きています。

    子供は何か一つ得意なことがあれば自信を回復することが出来て行動半径が広がる。
    だけど大人は、標準レベル(世間、主に職場)に達していない項目を無くすことが何よりも大切。

    社会人力がある一定の基準以上に達してからはじめて、人格や個性が認められる。
    もっとも、社会人力が一定以下のレベルだと個性ではなく、欠点ですが。

    返信削除