2013年5月21日火曜日

【心の問題】うつ病なのか、うつ状態なのか。それはたいした問題ではない(人事担当にとっては)



 今日の記事は【心の問題】うつ「病」なのか、うつ「気味」なのかの部分的な続き。

ずいぶん以前に書いた記事ですが、これには
うつ病はその人が「うつかな?」と思った瞬間から病気だ。
と書いています。

一般的には間違った認識ですが、これは人事として働いていた当時の私の気分をよく表しています。

当人が会社に毎朝ちゃんと出勤することができなくなっていて、 「私はうつなのかもしれない」と考えているということは、これはもう既に何らかの対応が必要であることは確かなわけで、言い換えれば、人事担当者であった私にとっては、「出動の合図」というわけです。


うつ病なのか、うつ状態なのか、とか。
そんなことは別に問題ではないのです。

会社に行けない状態 = それは病気 だからです。

大変シンプルです。


いやまさに、我ながら社畜の鑑のような思考ですね。




【続き】
【心の問題】私はうつ病です。絶対に。




0 件のコメント:

コメントを投稿