2014年4月1日火曜日

おすすめ記事



このブログの中で「我ながらこれは良記事だな」と自画自賛している記事を紹介します。
随時更新中。



◎考え方
新卒・キャリア】学歴はひとつの確率論であると思うこと
【新卒・キャリア】人生と同じように面接も確率論ではないこと
【新卒・キャリア】私は自分が思っていたほど優秀ではなかった
【新卒・キャリア】深海を生きる魚のように自ら燃える
【新卒・キャリア】「仕事なんて、食えりゃいいんや」


◎面接全般
【新卒・キャリア】「抽象化して語る」ことと、「抽象的なことしか言えない」のはものすごく違うこと 
【新卒・キャリア】面接では別に即答しなくてもいい


◎面接マナー
【これだけはやめておけ】面接の15分前に来てしまう人たち


◎セミナー
【新卒】面接にもセミナーにも、一人で行け


◎小ネタ
【新卒・キャリア】美人は面接に合格しやすいか
【新卒・中途】面接で、血液型が聞きたくてしょうがない
【新卒・キャリア】「やりたくないこと」でしか自分を語れない


 

2014年2月3日月曜日

【新卒・キャリア】人生と同じように面接も確率論ではないこと


やあ、お久しぶりです。

2ヶ月もブログを更新しなかったのは、このブログを始めてから初めてでした。

最近、転職しました。
こんなブログをやっているのだから、自分はさぞやりがいと自信を持って仕事に取り組んでいらっしゃるのでしょうね、と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。一人でクヨクヨしたりイライラしたり、あーあ、これからの人生で自分は何をして生きていこうかなあ、と悩んだり、友人に相談してみたり、決意して行動してみたり、希望に燃えてみたり、時には過去を振り返ってみたり、まあそんなことの繰り返しです。


このブログをはじめたのは2008年11月、折しもリーマンショックの年です。 足掛け5年。初期の頃の記事を読み返してみると、肩肘張っていて上から目線で、なんだか恥ずかしいです。すみません気合いが入ってたんです。
 
他にも書かなくてはいけないことがたくさんあるような気がするし、記事にしたいメモが溜まってはいるのですが、 いかんせん不器用なもので、なかなか時間を上手にやりくりできません。今日のこの記事で、このブログでは筆を置きたいと思います。現在、過去記事の整理などしていますので、整理が終わったら「管理人セレクト、入魂の記事一覧」とか作りたいな、とは思っていますが。


今日の記事は、以前に書いた【新卒・キャリア】学歴はひとつの確率論であると思うこと の部分的に続きです。

今まさに、新卒として就職活動している学生さんたちや、ハロワ通いや紹介会社通いをしている求職者の方々は、「書類選考通過率」とか「合格率」なんていう言葉をしょっちゅう耳にしているはずです。そんで、「合格率0.01%だってよ、絶対無理じゃん」とへこんだり、「この求人には応募が殺到していますからねえ。」なんて釘をさされたりしているんじゃないでしょうか。


しかしですねあなたにとってあなたの今の人生が確率論の結果ではないのと同じように、面接の合否も確率論によるものではありません。

まあようするに、なるべくして今そうなっているのと同じように、面接も受かるときには受かるべくして受かるんですよ、ってことです。


もしあなたが今、宝くじにあたるくらいの確率でしか合格する可能性のなさそうな就職活動をしているのだとしたら、それはちょっと時間の無駄ってものです。

宝くじですら、「よく当たる」って評判の売場にわざわざ買いに行ったりするわけなんですから、まずは、その確率をあげるために、自分が興味を持ってやれそうな仕事を探したり、得意な分野の仕事を探したり、技術や知識を身につけたりする準備ってものが必要です。


そうやって、決まってみれば、「ああ、なるほどね。」 という結果になっていることが大半です。合格率0.01%だったとしても、実際に採用された人の立場に立ってみれば、100%の合格率です。その企業に、その職に応募して、働けることになったわけですから。



今日もなんだか偉そうなことを書きましたが、私自身も、今の自分がこうであるのは、100%の確率を積み重ねた自分の選択の結果だ、と言い切れる人間でいたいな、と思っております。 (つまり、今はそうではないってこと。)




最初は、「ブログでも書いて小遣い稼ぎでもするかあ。」と気軽な気持ちで始めたこのブログですが、想定外だったのは、小遣いにまったくならないことではなく、自分自身が「書いていることに夢中になったこと」でした。

もしかしたら、自分の経験が誰かの役に立つのではないか、なんだったら、人生変えちゃうんじゃないか、という考えは私を夢中にさせ、一時期、確かにこのブログの存在が、私自身を支えていました。


私はずっと、どこの誰ともしれない人に向けて記事を書き続けていましたし、このブログを読んでくださった方々も、どこの誰とも知らないヤツが書いた記事を読んでくださっていました。それでもなぜか、いざこうして筆を置くとなると、自分がどこかへ引っ越してしまうような、そんな気分になってしまいます。いやあ、インターネットって不思議に魅力的ですね。


末筆ながら、このブログを訪問してくださった方のご多幸をお祈りします。


いつかまたどこかで偶然、初対面同士としてお会いしましょう。


【関連記事】
【新卒・キャリア】学歴はひとつの確率論であると思うこと 
【新卒・キャリア】私は自分が思っていたほど優秀ではなかった