2009年3月12日木曜日

【新卒・キャリア】面接でうまく話せない

いわゆる話下手な人は、結構いる。

やることはやってるのに、いざ面接で話そうとすると

・頭が真っ白になる。
・緊張しまくってしまう。
・呂律が回らない。
・意味不明なことを言ってしまう。

などなど、症状は様々だと思う。


「オレ、職場では結構デキる男なのに・・」
「アタシ、やればなんでもデキるのに・・」

だけど面接でうまく話せないと思っている人は、要注意。


行動する(≒仕事をする)ことと、それを言葉にして誰かに説明する、というのは、同じことではないからだ。


うーん、例えば絵を描くのがウマイとしましょうか。

質問者:
「すごーい!なんでそんなに上手にかけるんですか?」

Aさん:

「うーん。センス・・?」

Bさん:

「ああ、コツはですね、まず全体を鉛筆でざっくり描くんです。で、色は薄いほうからつけていきます。光があたる方向を意識しながら描くといいんですよ。」


別に、趣味で書いてるだけだったら、むしろBさんはうるさいウンチク野郎ですが、これが仕事となるとまた別の話です。


Aさんに任せておくと、結構ウマイ絵が1日に1枚できあがるかもしれませんが、Bさんに任せれば、そこそこウマイ絵がチームで量産されて、1日に10枚できあがると思われます。


大抵の会社は、結構ウマイ絵を1枚描くよりも、そこそこにウマイ絵を10枚描いてもらったほうが嬉しいのです。(芸術家の場合は除くね。)


そうなると、AさんよりもBさんのほうが、コツを伝播していけるという意味で価値が高いのです。



というわけで、今日はいかにして面接でうまく話すか、ということではなく、面接でうまく話せないのが、いかにダメージが大きいか、という話でした。


あ、役に立たない?・・・

次回こそは、上手く話すコツをご紹介します。・・・



【続き】
【新卒・キャリア】面接でうまく話すコツ
【関連記事】
【新卒・キャリア】面接では別に即答しなくてもいい 





0 件のコメント:

コメントを投稿