2009年2月4日水曜日

【新卒・キャリア】御社の企業理念に魅かれました

オトナ社会には、何かを言っているがその実何も言っていない、
という必殺言葉がいくつかある。

お役所言葉として有名な、
「検討します」=「何もしません」なんかがその例。


面接の場においては、
御社の企業理念に魅かれました」というセリフがそれにあたるだろう。


「当社への入社を希望されている理由を教えて頂けますか?」
「御社の企業理念に魅かれました。」

・・・。

要するに、とりたてて
入社を希望する理由はないってことですね?

要するに、面接前にあわてて企業HPを見て、
とりあえず目に付いた企業理念のこと言ってるだけですね?



中には、「鬼十訓」みたいなパンチのある社訓なんかもありますが、
こういうパンチのある企業理念を持っている会社は、
もっと他にもパンチがあることが色々とあるので、
わざわざ面接の場でその話をする必要もないと思う。

そもそも、企業によって企業理念の取り扱われ方は色々だ。

毎日、お経のように唱和しているけど本当にそれだけの会社もあろうし、
社員が時々思い出して、「ああ、いいこと言ってるな」というのもあろうし、
社員が「え、うちの会社に企業理念なんてあったっけ」というのもあろう。


「御社の企業理念に!」と張り切って言ってみたところで、
「ああ、アレ、実態に即していないから、今度変更するんだよね。」
とか言われたらどうするんであろうか。


だから、面接の場ではできるだけこれは言わないほうがいい


でも、「どーしても、他にこれと言った志望理由が思い当たらない」
という場合のために、必殺技のアレンジ方法を、次回ご紹介。


【続き】【新卒・キャリア】企業理念・・を志望動機にするなら

0 件のコメント:

コメントを投稿