2009年6月25日木曜日

【面接官の心得】自分より優秀な人は判断できない


棚からボタモチ、ということわざがありますが、今日の話題は、「棚の上にあるボタモチは見えない」という話です。



面接官をやっていると、 かなりの確率で「よくわからない人」が出てきます。ストレートに言ってしまうと、優秀なのかそうでないのかわからない、という意味です。

こういう「よくわからない人」というのは、不合格にしてしまいがちなのですが、ここでひとつ、考慮に入れておかないといけないことがあります。


それは、その人が自分に比べてずば抜けて優秀であり、だからこそ、自分にはそのスゴさがわからないのかもしれない、という可能性があるということです。


まさしく、自分の背より高いところにあるボタモチは見えないのです。


自分より年齢が上であったり、社会人としてのキャリアが長かったりすると、「あ、この人は自分より高いレイヤーで仕事をしているんだな、だからよくわかんないんだな。」ということがすんなりと納得いったりします。


難しいのは、自分とキャリアが同じくらい、もしくは自分よりキャリアが浅くて、かつ自分とは違うタイプの人だったりする場合です。


まあ一般論になってしまうわけですが、私が今まで知り合った人の中で、本当に本当に優秀な人というのは、わりとどこか変わっている人が多いように思います。常人とネジが多少違っているとでも言いましょうか。


常人とのネジのズレ具合にもよりますが、必ずしも、こういうずば抜けて優秀な人達が、面接が得意かというとそうでもないのです。

ちょっと性格的に変わっていたり、経歴が変わっていたりすると、その分、誤解されやすく、警戒されやすいからです。


応募者の立場に立つならば、「面接官にわかるようにアピールせよ。」ということに限るのですが、

面接官の立場に立つならば、「この人よくわかんね。」と思ったときには、

この人は実はものすごく優秀で、

その優秀さを自分が理解できていない

のかもしれない、という真摯な姿勢を大事にしてほしいと思うわけなのです。


【関連記事】
【面接官の心得】一緒に働きたいか
新卒・キャリア】雇ってもいい理由とダメな理由





0 件のコメント:

コメントを投稿