2012年10月29日月曜日

【新卒】内定を辞退したら水をぶっかけられるのか

内定を辞退するのが怖い 

実に贅沢な悩みです。

辞退する時点で、 他に本命の会社から内定が出ているのか、もしくはその企業がよっぽどDQNなのか、ってところでしょうか。まあ理由はさておき、内定を辞退する必要のある状況に置かれたら、電話か書面での連絡が普通です。


「内定の辞退は電話もしくは企業を訪問して伝える。それが抵抗あるなら書面(手紙)で。」なんて書かれている書籍やサイトがありますが、 できればメールで欲しいなあ、というのが個人的には本音でした。というのも、電話で内定辞退の連絡が来て困ることが結構あったからです。

 私もご多分に漏れずそうでしたが、採用担当者は、やれ面接だの、面談だの、打ち合わせだの、席にいることが少ないです。あと3分で大事な打ち合わせが始まるというタイミングで電話がかかってきて「内定を辞退させて頂きたく…」なんて話が始まってしまうと、時計とにらめっこしながら話を聞かなくてはいけません。説得どころではなくなってしまいます。

そして「ちょっと、ごめん、あとでかけ直すから。ゆっくり話聞かせて。あ、無視しないで電話とってね。」なんて、仕事中に別れ話を切り出されたかのような会話を電話口で繰り広げることになります。


その点、メールであれば時間に融通がきくし、超S級の内定者であれば、じっくり話をする態勢で折り返し電話をすることもできますし。ですが、「内定の辞退はメールで欲しい」という企業はちょっとレアな気がします。一番スマートなのは、メールを送ったあとに電話でも連絡して、相手に対して直接誠意を伝える方法だと思います。



さて本題に戻りますと、電話で内定辞退の連絡をすると怒鳴られたり、呼び出されて水をぶっかけられたり、というのは、実にまれなケースだと思います。都市伝説なんじゃないでしょうか。

もし、内定の連絡をして電話口で怒鳴られたり恫喝されたり、挙げ句の果てには呼び出されて水ぶっかけられたりするなんてことがあったとしたら、そこの企業は内定を辞退して正解です。


(この話、もうちょっと続きます。)


【関連記事】
【新卒】内定はゴールではないことを肝に銘じよ

0 件のコメント:

コメントを投稿