2012年7月31日火曜日

【キャリア・新卒】面接官は名前をメモされるとドキッとする


通常、面接官は冒頭に挨拶をします。
「人事担当の○○です。」と一言、すばやく挨拶をします。

立ったまま挨拶をする場合もありますし、座ってから挨拶をする場合もありますが、この時に名前をメモされるとちょっとだけドキッとします。本当にちょっとだけですが。


面接官の名前をメモする人は少ないです。100人中2人か3人くらいでしょうか。新卒の真面目な学生さんか、こなれた感じのビジネスマンの方です。 面接の中で、相手の名前を呼ぶ必要が出て来たときに備えて、もしくは仲介している紹介会社への報告のためにメモされるようです。


通常のビジネスシーンであれば名刺交換をするので、わざわざメモする必要はありませんが、面接の場で名刺を渡す面接官はほとんどいません。私自身、相手が社員や取引先の紹介の方だった場合は渡していましたが、普通は渡していませんでした。



面接官は、あまり自分の名前を覚えてほしくないのが一般的な心情だと思います。 特に面接の冒頭時点では。



面接の終盤に差し掛かって、「よーし、この人絶対採用するぞー」と気合いが入って来たら、「何かご不明な点があればご質問ください。後日、気になることが出て来たら、私、人事の○○宛にご連絡頂いても構いませんので」とアピールすることもありますが、まだ相手が海のものとも山のものとも判別がつかない冒頭の状態では、自分の名前をプッシュすることはほとんどありません。


面接での採用率にもよるでしょうが、仮に10%だったとしても(かなり高いほうですが)、相手に良く思われる率と恨みを買う率を比べると、恨みを買う率の方が圧倒的に高いからです。


特にそのことを意識しているわけではありませんが、なんとなく自己紹介は早口になり、応募者の方が面接官の名前をメモされているのを見ると、「メモした...な...」となんとなく思うのです。


だから、面接の場で面接官の名前を覚えていなくても、何ら失礼にはあたりません。
いや本当に。


【関連記事】
【面接官の心得】窓のない部屋で面接してはいけない
【面接官の心得】マスクしないと出歩けない

2 件のコメント:

  1. ぜひご教授頂きたい質問がございます。

    私は今中途採用の面接を受けています。そこで問題になっているのが面接の日程調整です。先方は私のことを高く評価して頂いており、私も務めることが出来たらなと思っています。

    ただし、休みを極端にとりにくい職(企業文化でなく、職業上とりにくいのです)である状況化、重役との面接の為、できれば日中に時間の都合をつけてほしいとのことです。私もできるだけ先方にスケジュールは合わせたいとも思っており、そのための材料を提示しました(先方は時間を作りにくいとご理解いただいているようです)。

    日程調整には快く応じて頂けるようなのですが、日程の再調整で評価がおちることはあるのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. >匿名様

      コメントありがとうございます。

      「ドタキャン」しない限りは日程調整が難しいということで評価が下がることはありません。仮に日程調整のメールが2往復3往復したとしても、決定した日程できちんとお会いできるのであれば問題はないと思います。

      ただし、日程調整が難しくてなかなか面接の機会が作れなかった場合、「他の応募者に先を越される」可能性はあります。


      最速で、かつ確実に約束できる日程を確保さえできれば、面接のセッティングのしづらさはそれほど大きな問題ではありません。


      ちょっと長くなりそうなので記事にしてみます。

      削除