2013年2月25日月曜日

【新卒】とりあえず面接にまったく受からないんですけど


今日は、新卒で、とりあえず面接にまったく受からない人向けの記事です。


転職の場合は、キャリアがどうこうとか、もしくは無職だったりすると経歴的に、ってことが理由でなかなか受からないことはあると思いますが、新卒で20社〜30社受けて、まったくもって1回も1社も面接を通過しない、ということになると、ちょっとやり方を考えたほうがいいです。


しかも、面接に遅刻しないとか、ちゃんと相手が聞こえるような音量で話す、とか基本的なことはちゃんとクリアしているはずなのに、です。


もしかして、聞かれた事に答えてないんじゃないですかね。



「あなたがこの会社に入ったら、当社にはどんなメリットがありますか?」(←ほぼ圧迫質問)

「えーと、私は大学ではサッカーサークルに入っていまして」(←そんなこと聞いてない)
「サークルのリーダーを任されていました」(←だから何なんですか)
「みんなが気持ちよく活動できるように努力して」(←あ、そう)
「私にリーダーをやってもらってよかったと言われました。」(←どうせ嘘だろ)
「御社でも、周囲の人に気持ちよく働いてもらえるよう努力します。」(←最初にそれを言え。)


みたいな。


「当社にどんなメリットが?」っていうのは圧迫質問ですし、メリットがあるように人材を育てるのが企業側の仕事だろ、というツッコミたい気持ちがあったとしても、まあ面接の場ですから、まずは聞かれたことに答えるのが大事です。

「何のサークルに入ってました?」 という質問ではないのですから、「○○サークルに入っていまして…」という回答が最初に出てくるのはおかしいです。


「どんなメリットがありますか?」への回答は、「こんなメリットがあります。」なのです。


会話のキャッチボールができていないと、そもそも合否判断の壇上にあがりませんので、どんなに用意して来た答えがあって自分にとってはその流れが重要だとしても、まずは聞かれた事に答えましょう。第一声で。




【関連記事】
【新卒】人の役に立つ仕事がしたいんです
【新卒】グループディスカッションで人の意見に反対できない

 

0 件のコメント:

コメントを投稿