2009年10月29日木曜日

【新卒・キャリア】頭がいいかどうかは、たいした問題ではないこと

最近、つくづく思います。


頭がいいかどうかは、たいした問題じゃないなあ、と。


昔はですね、「頭がいい人」というのにスゴく憧れていました。
なんというか、問答無用で頭がよければ、
それだけで人生が成功するんじゃないかと思っていたのです。



ですが、働きだして、多少ですが色んな人と仕事をしていると、
いい仕事ができるかどうかは、
頭の出来の問題ではないなあ、と思うのです。


頭がいいにこしたことはないですよ。
頭が悪いよりは、いいほうがいいです。
(ちょっと語弊があるかもしれませんが。)


でも、頭がいいからって、いい仕事ができるとは限らないんですね。


頭のよさって、何のことかというと、
・論理的な思考ができるかどうか
・何かを考えるときのスピードが早いかどうか
・様々なパターンを想定できるかどうか
みたいなことだと思うんですね。


なのですが、結局、仕事の場所で大事なことって、
周囲に与える影響力の大きさの問題だったり、
どういう影響を与えるかの問題だったり、
その人の仕事に対する姿勢の問題だったりするわけです。


だから、「オレ、どーせ頭悪いからさ。」
と思っている方がいらっしゃるのであれば、
そんなことは、仕事をし始めたら大した問題ではありませんよ、

とお伝えしたいとともに、

「オレ、結構頭いいから、何でもできるよ。」
と思っている方がいらっしゃるのであれば、それもやっぱり
そんなことは、仕事をし始めたら大した問題ではありませんよ、

とお伝えしたいなと思うわけです。



面接官をやっていた頃は、
そんな事もわかっていなかったなあ・・、と

過去の自分を振り返ると、
空恐ろしく感じる今日この頃です。



今日は、ちょっとセンチメンタルな雰囲気でお送りしてみました。



【関連記事】
【新卒・キャリア】「地頭がいい」という言葉
【新卒・キャリア】「ステマ」流行りと論理的思考能力と日本が平和であること 
【面接官の心得】優秀な上に性格のいい人材をベンチャーが採用するのは難しいと思うこと 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿