2012年3月31日土曜日

【新卒・キャリア】上昇志向がない人


キャリア採用であれば「今後10年間のあなたのキャリアプランを教えてください」、新卒採用であれば「30歳になったときにどうなっていたいか教えてください」等、将来像に関する質問は面接において必須です。


ここで「はい、30歳になる頃にはマネージャー職に就き、部下は5名ほどでしょうか、彼らに指示をしながらバリバリやっていたいと思います。」といったようなことを本心から言えればいいのでしょうが、残念ながら私はそういうタイプではありませんでした。

一応、言うには言いましたが、我ながら笑ってしまいそうでした。そんなこと、1ミリも思っていなかったので。偉くなりたいなんて、全く思っていませんでした。

新卒採用の時にはそんな感じでしたが何とか就職し、その後働き始め、転職し、今ではなかなかいい年になってきました。

しかし、相変わらず「偉くなりたい」という思いはありません。ありませんが、一応マネージャー的な仕事をしています。それは別段イヤイヤやっているわけではなく、必要だと思ったのでやらせてもらっています。



新卒にしろキャリアにしろ、面接の場では自分を偽ることもあると思います。
「こういうことができます。」「こういうことをしてきました。」という事実を偽ると経歴詐称になりますので、「こういう事をやりたい。」という自分自身の志向を相手の会社にあわせて偽ることが多いと思います。

キャリア採用であれば10人中7人が「将来、御社の中で責任あるポジションに就きたい」と言い、新卒採用であれば10人中8人が「30歳になる頃には、御社の中でマネージャーとして活躍していたい」と言います。

それら全てが嘘だとは言いません。特にキャリア採用の場合、7人中3人くらいは本当にそう思っているでしょう。
ですが、別に上昇志向が強い人だけ、リーダーシップを取れる人だけを企業は求めているわけではないのです。社員が100人いて、100人ともリーダーシップを取りたい人だと状況が混乱します。多くて20人もいればいいのではないでしょうか。



これといった上昇志向がない私が、それでもそれなりに仕事をしていけているのは、仕事が結構好きだということと、それなりに責任感を持ってやっているからだと思っています。
働いて行く上で必要なのは、上昇志向や出世意欲だけではないのです。


だから、別段偉くなりたいとか、出世したいとか、そういう欲がないのであれば、無理してそれがあるように見せかけなくてもいいと思うんですよね、という話でした。






【関連記事】
【新卒・キャリア】幸せになりたいけど頑張りたくない 
【新卒】「学生の質」は低下しているのか  
【新卒】働くことに何を求めるのか

0 件のコメント:

コメントを投稿