2009年9月16日水曜日

【キャリア】秘書の採用が最も難しいと思うこと


最近、ちょっと更新ペースが落ちていましてスミマセン。更新できないと、ソワソワして落ち着かない今日この頃です。


昔、採用担当者をしていたことがある、という話を先日していて、「一番採用が難しいのは、何の職種ですか?」と聞かれました。


おもしろい質問です。うーん、と考えた後に、ハッと思い至りました。



最も採用が難しい職種、それはすなわち、役員秘書の採用です。




採用担当者経験の中で、2回やったことがあります。秘書採用。すっっっごく難しかったです。



なぜかというと、それはすなわち、相性の問題がとても大きいからです。

大抵の会社の場合、役員と秘書は近くに座っています。ちょっと大きめの規模の会社なら、その役員があてがわれている部屋に2人きりでいることになったりします。さらに大きな規模の会社だと、別の部屋になるようですけど。


そうすると、まず何が重要になるかというと、邪魔にならないことです。


存在感があるかないか、という意味とはちょっと違いまして、その人のやることなすことが、神経に障らない、という意味です。


癒される、というレベルまで求めるかどうかは、人によります。
最低限、邪魔にならなければいいのです。
その役員にとって、空気のような存在になり得る人がいいのです。


それってさー、要するに相性の問題じゃん。相性をチェックするのであれば、本人同士が会うしかないじゃん。


とは思っていたのですが、まあ、役員秘書ともなると、当事者である役員に全ての面接に出席してもらうわけにもいかなかったりします。

ある程度一次面接で選抜した後に、少人数に一気に会ってもらって比較検討の上に決めてもらうしかありませんでした。


そんなわけで、昔、私が苦し紛れにやっていた秘書採用の選考方法を、次回ご紹介してみたいと思います。


役員なんだからさー、自分の秘書くらい、どっかで見つけて来てくれよ、とブツブツ文句言いながらやってた思い出があります。


(次回へ続く)

【キャリア】秘書採用のときにチェックするポイント

0 件のコメント:

コメントを投稿