2013年7月22日月曜日

【新卒・キャリア】立派な大人になりたいな


なんだか最近、「自分はいつになったら大人になるんだろうか」と思ったりします。年齢的には、実にまったくいい大人なんですけどね。


昔、若りし頃、それこそ20代の頃はそんなことは全く思わなかったです。

学校を卒業して働きだして、自分の稼いだ金で生活できるようになったら、「ああ、これで自分も大人だな。」という感動がしみじみあったりして、 別にそんなこと聞かれてないのに「いや、自分もいい大人なんでそれくらいわかりますよ。」とか「あの人、大人じゃないよね。」とか「いやー、なんかみんないい大人になったよなあ。」とかそんな風に、いい大人という言葉を無駄に多用してたりしたんですけどね。


エレカシがこんな歌を歌っていました。
「地元の朝」というタイトルです。



ああ、なんたる鬱歌…。
最後には「おれーは、死にたーい」とか叫んでるし。

個人的には、以下のフレーズの部分が心に沁みました。


立派な大人になりたいな
立派な大人になりたいな
確かな仕事をしとげたいもんだな、ああ



立派な大人になりたいな 立派な大人になりたいな
体の全て使い尽くして死にたい
 



ああ、本当だなあ。立派な大人になりたいなあ。


でもなんだか、このまま一生こんな感じなのかな、と思ったりもします。

もしかして、「大人」っていうのは「なる」ものじゃなくて、「大人」であろうとし続ける努力とかその姿勢のことを言うの?と考えると、その道の険しさに挫折しそうになったので、ちょっと考えるのをやめることにしました。



【関連記事】
【エレファントカシマシ】 翳りゆく部屋 
【エレファントカシマシ】風に吹かれて

 



2013年7月7日日曜日

【キャリア】募集要項のほのめかしと就職弱者は誰なのかっていう話


企業の採用においては、採用の際に、「性別」「年齢」を指定してはいけないことになっています。

ですが、実態としては、
「職場の男女のバランスから考えて、男性がいいなあ。」とか、
「女性が多い職場だから、まあ基本女性だよね。」とか、
「若い人が多い職場だから、50歳くらいの人が入ってくると浮いちゃうんだよねえ。」
なんてことは結構あったりします。

そんなとき、企業は求人の内容で一生懸命ほのめかしています。
  • 20代後半~30代が活躍中!
  • 女性スタッフが多数活躍中!
  • 未経験者歓迎 ※35歳迄/若年層の長期キャリア形成を図る為

さすがに「男性限定」をほのめかしている募集記事は見かけません。使っている写真に男性しかいない、とかはありますけどね。


そもそもこれらは「就職弱者」である人々が、就職する機会を得られるように、と配慮されたものです。(この場合は、女性と高齢者がそれにあたる。)なので、弱者側にフィーチャーされた求人の場合、文句を言われることはありません。

「女性のための転職サイト」って巷でよく見かけますけど、これって男性差別なんじゃないの?と思いませんか。少なくとも「男女の別なく雇用機会を均等に」っていう趣旨には反してますよね。こういうサイトに掲載されている求人に男性が応募をすると、鼻もひっかけられないのは言うまでもありません。



しかしですね、今、就職市場で一番の弱者なのは、女性でも高齢者でもなく、経験のない若者だと思うんですよね。


 なので、「社会人経験5年以上」「実務経験3年以上」っていう表現を禁止すべきだと思うんですけど。



【関連記事】
【キャリア】30代後半以上で未婚の応募者
【第2新卒】第二新卒として転職活動するときの心がけ